かつおの「たたき」って本当にたたいているの?理由は塩が貴重品だったから

スポンサーリンク


「かつおのたたき」って美味しいですよね。

でも「たたく」の意味知っていますか?
ほんとにカツオをたたくの?疑問ですよね、

料理中に、たたいている所見たことないですよね。

番組では「かつおのたたき 」がうまい 高知県を訪ねて、
答えを出してくれました。
(2020年3月5日NHKネーミングバラエティー)

かつおのたたき 理由・語源は

ほんとに「たたく」から「たたきですよ」

たたくの意味、目的は、味を染みこませることで、
料理を美味しく頂けますよ。

●高知で江戸時代からの調理法で漁師に作って頂きました。
♥これで謎が解けました

かつおのたたき 作り方

1)かつおの表面をあぶります。
(ワラだと思いますが、それを燃やしていました)

※「焼き切り」と言ってカツオの皮は硬いので、
あぶると柔らかくなるそうです。

2)まな板に乗せて食べるサイズに普通に切っていきます。

3)大きな皿に切ったカツオを乗せて塩を全体に振っていました。

4)さらに上から両手の平で軽くたたいていました
(ゲストがあ~っと驚いていました。
 たたくの意味がわかった瞬間ですね)

カツオたたき意味・由来

●かつおたたき 理由は

江戸時代は塩が貴重品だったので、
少ない塩で効率よくカツオに、染み込ませる為にたたいた訳です。

たたいたり押したりして、塩の味をなじませていたのですね。

(省エネですね)

つまり塩をふってたたく(塩たたき)のが、
かつおのたたきの原点ですね 。

塩たたき 発祥の地は高知だったのですね。

●なぜカツオのたたき が生まれたのか

江戸時代から高知県土佐清水市では、
黒潮に乗ってアジ、サバ、カツオがたくさん取れました。

するとカツオの料理が盛んになってきました。
しかし毎日食べていると人は飽きてきました。

そこで考えられた料理法が「塩たたき」です。

今日では「塩たたき」にポン酢をかけたり、
色んな具を乗せて、たたいているそうです。

美味しく食べる方法に、たたき をしてみましょう。

まとめ

もともとは「塩たたき」だったんですね。
そして味をなじませる為の調理法ですね。

なんかカツオのたたきが食べたくなりました。
私は玉ねぎを薄く切って添えます。


最後まで読んで頂いて有難うございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする