ゲンキの時間【新常識】安売りの牛ステーキ肉を柔らかくする方法 お店の肉に変身

スポンサーリンク


牛ステーキ肉を買って家庭で調理。
でもどうしても固くなってがっかりですよね。

健康カプセル ゲンキの時間で、
(2020年11月1日)

スーパーの安売りのステーキ肉が、
柔らかくお店のステーキ肉に変わる、

新常識の焼き方が紹介されましたよ。

教えてくれたのは、
東京都渋谷区 服部栄養専門学校
西洋料理主任 佐藤月彦さんです。

●安売りの牛ステーキ肉を柔らかくする&短時間での方法

意外な新常識な焼き方ですよ。

●安売りの牛ステーキ肉を柔らかく焼く方法

<焼く牛ステーキ肉は>

スーパーの安い厚さ約1cmの牛肉です。
焼き上がりはミディアムレアでの説明でした。

※ミディアムレア=断面に少しピンク色が、
 あるぐらいのお肉の焼き方。

※1cm厚くなるごとに、約30秒焼く時間をのばします。

1)肉を冷蔵庫から出したら
すぐ全体にオリーブオイルを塗ります。

(下味は付けません)

2)フライパンは余熱なしで、
 肉は冷たい状態で強火で焼きます。
 約1分30秒焼いたら、

引っくり返して約45秒焼きます。
火を止めます。

3)アルミホイルをフライパンに約2分被せます。
(フライパン用の蓋でも良いです)
こうすれば余熱で肉の中に熱が入ります。


4)アルミホイルを取って味を付けて完成です。

●【新常識】安売りの牛ステーキ肉が、柔らかくなる秘密は

1)肉、フライパンは冷たい状態から焼き始める。
 理由⇒常温に戻すと焼きすぎる。

 冷たいと中まで火が通らないので、
 柔らかくて美味しい仕上がりになる。
 
 急激に肉の中に火が入ると、水分が抜けて固くなる。

2)肉の全表面にオリーブオイルを塗る。
 理由⇒油が肉の表面をコーティングして、
 水分が抜け出るのを防ぐ&乾燥を防ぎます。

3)下味はつけないで焼いた後に付ける。
 理由⇒最初に下味を付けると浸透圧の関係で、
 肉の水分が抜け出て固くなる。

●まとめ

新常識の数々ですね。
これはもう実際にやってみる価値ありますね。

短時間で焼けるし、
お店のように美味しくなりますよね。
まず豚肉からしてみましょうかね、、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★手に
入らない名作漫画も多数取り扱っています。
さらに約9000作品が無料で読める読み放題コーナーも充実!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★ポイントスタジアムは、
メールアドレス、ニックネームだけの無料簡単登録。
利用は全て無料なので多くの成果獲得チャンス。

“運だめし”、毎日1000円の当たる!
「お買い物」などでどんどんポイントが、
貯まり現金に交換できます。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

最後まで読んで頂いて有難うございます。


スポンサーリンク