ゲンキの時間【いびきの3つの改善方法はトリプトファン、横向き寝、他に意外な飲み物】

スポンサーリンク


健康カプセル!ゲンキの時間
睡眠&いびきの改善方法について放送
(2020年11月22日)されました。

夫のいびきで奥さんが別室で寝たり、
深刻な悩みが浮かんできました。

いびきの原因と意外な3つの改善方法を、
教えてくれたのは、

RESM新横浜
睡眠・呼吸メディカルケアクリニック
白濱龍太郎 院長・医学博士です。

●3つの いびき改善方法

番組では62歳の男性が3日間挑戦していました。

1)トリプトファンの多い朝食にする

トリプトファンが多い食品を食べると、
メラトニンに変化して、
睡眠の質が良くなるホルモンに変化する。

※朝、昼、夜では朝食が良いそうです。

<トリプトファンの多い食品は>
・バナナ
・納豆ご飯
・卵焼き
・味噌汁

2)横向きに寝る

(特別な枕で仰向きに寝ていると、
センサーがいびきの音を検知して、

空気で枕が膨らんで、
頭が横になる枕を使用していました。)

仰向け寝から横向け寝になると、
気道が広がっていびきが止まる仕掛けですね。

※抱き枕を使うのも良いそうです。

3)ノンアルコールビーレを利用

番組では夕食に、350ml1缶を召し上がっていました。

※ビールはアルコールの影響で、
逆にいびきをかきやすくなるので、
飲まないほうが良いです。

●3日間の結果は

・最大血圧値
 前(130)
 後(110)

・血中酸素濃度(最低値)
 前(81.1%)
 後(85.4%)

いずれも良い方向に改善されていました。

ゲンキの時間【いびきの3つの改善方法はトリプトファン、横向き寝、他に意外な飲み物】

●いびきの原因は

元々アジア人は顎が小さくて気道が狭いです。

寝ている時に、
気道を無理やり空気が通るので、
いびきが出るそうです。

そして加齢、飲酒、疲労等で⇒
舌や口の筋肉が緩んで喉の方へ下がる⇒
気道が狭くなって、いびきをかきやすくなる。

酸素がしっかり取り込めなくなって、
酸素濃度が80%ぐらいになる⇒

睡眠時無呼吸症候群なる⇒
高血圧や心臓に悪影響がある(心不全、不整脈、狭心症、心筋梗塞)⇒
突然死になりやすい。

※酸素濃度が80%=これはエベレスト登頂と同じレベル。
先生は睡眠中にエベレストに行きたようなもの、と言っていました。

●まとめ

3日間の結果は
酸素濃度、血圧も下がっていました。

奥さんが静かになって、
眠れるようになったそうです。


最後まで読んで頂いて有難うございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする