あさイチ【マスク肌荒れの防ぎ方と肌トラブルの対策方法を友利新医師が紹介】

スポンサーリンク


NHKあさイチ(2020年4月20日放送)

新型コロナウイルス対策で、
毎日マスクをつけています。

しかし肌にぶつぶつ、赤み、かゆみ等、
肌にトラブルがおきて悩んでいます。

そこで
原因、予防、対策方法について紹介されました。

教えてくれたのは
皮膚科医の友利新 医師です。

マスクによる肌トラブル原因と対策方法

症状は肌にぶつぶつ、赤み、かゆみ等で、
乾燥が主な原因だそうです。

マスクによる肌トラブル原因は

1)肌とマスクとで摩擦が起きて、
 肌の脂分が取れてしまいます。

2)マスクで蒸れてしまって、
 肌の角質が弱くなります。

マスクによる肌トラブル対策方法

1)しっかりと保湿をします。
 化粧水+乳液・クリームを、
 塗って皮膚を保護します。

2)口元の肌荒れ対策方法
 柔らかいティッシュを、
 マスクと肌の間に挟みます。
 

マスク着用はスッピンと化粧後とどちらが良いの

肌が荒れている時に、
メイクをするのは、

肌に負担がかかってしまうので、
スッピンの方が良いのではないか、っと言うことでした。

マスクで耳が痛くならない対策方法

マスクを長時間すると、
耳が痛くなりやすいですよね。

<そこで対策は>
 左右のゴムひもを、
 クリップや輪ゴムでつないで、

 耳にかけないで、
 頭の後ろに回してマスクを着用します。

視聴者からの質問で

マスクで肌荒れが例年と比べ、ひどくて悩んでいます

教えてくれたのは
感染症対策が専門の
坂本史衣さんです。

「そもそもマスクとは、
他人に感染を広げない為のもので、
効果はあります。

しかし予防効果としては低いです。」

マスクをする場面としては

1)買い物

2)家の中では高齢者の介護、
 体調の悪い人や病気の人がいる場合。
 (どうしても近くで話しますからね)

3)散歩やランニングでは他人との距離が近い場合。

(離れていればマスクをしなくても良いそうです。)

(公園でも同じ考え方で良いですよね)

まとめ

マスクで肌のトラブルが起きちゃいますよね。
しないで外出すると、
変な目で見られるのも怖いですね。

それとマスクって予防効果(自分を守る)
はあまりないですよね。

でも市販のマスクの説明を読むと、
超細かなフィルターでウイルスを、
ブロックできるように書いてありますが、、、


最後まで読んで頂いて有難うございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする